ロイヤルカナン

【ロイヤルカナン】げっ!まじ? ロイヤルカナンが韓国製になる事実の受け止め方

royalcanin-kankoku
   

ロイヤルカナン韓国進出で、ロイカナ離れがおきているらしい

 

ロイヤルカナンの生産拠点が、 韓国になるというニュースはもう知っていますか?  

ロイヤルカナンといえば、現在ドライフードはフランス製。

 

「フードの種類がたくさんあるから、ロイヤルカナンは便利」

「ペットショップや動物病院から勧められたから食べさせています」

 

という理由でロイヤルカナンを食べているワンちゃんは、今もたくさんいますね。

犬種別になっていて迷う必要がないし、ペットショップに常に置いてあるので買いやすいんですよね。

 

でも、「ロイヤルカナンの生産拠点が韓国になる」というニュースが出てから、

ロイヤルカナンを愛用していた飼い主さんのロイカナ離れが起きているようです。

 

そりゃそうですよね・・・

ロイヤルカナンが韓国製になるんだったら、私もドッグフードの切り替えを考えますもん。

 

うちの場合は、ロイヤルカナンはサンプルで食べた程度で、継続して食べさせたことはありません。

でも、ロイヤルカナンのニュースは衝撃でしたので、今日はその対策について考えていこうと思います。

 

ロイヤルカナンが韓国製になるというのは事実

2016年現在、日本に入ってきているロイヤルカナンのドライフードは、フランス製です。

しかし、ロイヤルカナンの代表が話しているとおり、韓国に拠点を持つというのは事実のようです。

 

ロイヤルカナン「韓国はペットフード工場の最適地」

世界的なペットフード会社の仏ロイヤルカナンが2日、650億ウォンを投資し全羅北道金堤(チョンラブクド・キムジェ)にアジア初の生産基地を作ると発表した。

金堤工場は生産製品の80%以上を日本、オーストラリア、ベトナムなどに輸出する予定だ。アジア初の生産基地と見れば良い

http://japanese.joins.com/article/641/189641.htmlより抜粋

 

韓国製のロイヤルカナンは、80%を日本や海外に輸出する

韓国で製造したロイヤルカナンの80%を日本、オーストラリア、ベトナムに輸出するということは、

残りの20%は輸出せず韓国内で販売するということでしょうか。

 

逆に言うと、日本に入ってくるロイヤルカナンの全てが韓国製なのか、

もしくはフランス製と半分ずつなどになるかまでは書かれていませんが、

普通に考えて、色んな所から日本に送るよりも一箇所から日本に送ったほうが手間がかからないことから、

日本に入ってくるロイヤルカナンは、全て韓国製になると考える方が自然かと思います。

 

まぁフランスから送るより韓国から送ったほうが、輸送のコストが安くなると思うし、

日本にはロイカナユーザーがたくさんいるので、韓国に拠点を作ることは、企業側のメリットは大きいんでしょうね〜。

 

でも、私たち日本の消費者にとってメリットは?

はっきり言って、韓国に拠点を置くことで日本のユーザーにメリットがあるかを考えた時に、

「メリットは無い」と思いました。

輸送でコストカットした分を、販売価格に反映させるとも思えませんし、

韓国で作るということは、韓国の材料を使ってドッグフードを製造するということなので、私たち日本ユーザーには不安しか残りません。

 

実際にネットで検索すると、韓国製のロイヤルカナンになることを喜んでいる日本のユーザーは見たことがありません。

「安全性は大丈夫なの?」

みなさん考えることは同じです・・・

 

日本にロイヤルカナンの韓国製が出回るのはいつから?

現在分かっていることは、

  • 韓国に工場ができる
  • 韓国工場で作られたものは日本にも輸出される
  • 工場の竣工は2017年

 

ということです。

工場の竣工が2017年ということは、2017年に工場が出来上がるということです。

それから実際に稼働して、早ければ2017年中には韓国製が日本に出回りはじめると思います。

 

まぁ、実際にはフランス製の在庫がなくなってからということになると思いますので、

お店ごとよって、韓国製が販売される時期は異なるかもしれませんね。

 

ロイヤルカナンが韓国製になると、何が問題なの?

430766  

 

韓国では、人間用の食品のことでも、ニュースに出ていますね。

特に、衛生上の問題は、時々耳にします。   

今まではフランス産だったので気にならなかった衛生上の問題が、韓国産になることで不安がでてきます。

 

ロイヤルカナンが韓国産になった場合、原材料はどうなるの?

ロイヤルカナンの製造拠点が変わっても、ドッグフードを作る製品のレシピは世界共通、全て同じだそうです。

そのため韓国製だから、レシピが変わる・配合が変わるという心配はなさそうです。

 

しかし、原材料の質に関しては変わります。

 

それは、ロイヤルカナンのドッグフードは、原材料を現地調達して作られているからです。

 

つまりフランス製は、フランスで原材料を調達しており、

韓国製になると、韓国で原材料を調達して作られる可能性が非常に高いと言えます。

 

食の問題が多い韓国。

そこできちんとした食材、原材料で作られるかということが一番の心配どころではありませんか?   

特にロイヤルカナンで使われている「家禽(かきん)ミート」。

参考:【検証】ロイヤルカナンはトイプードルに適していますか?

 

これは鶏肉(チキン)ですが、韓国は鳥インフルエンザが発生していることが多い国です。

これって普通に考えて、飼育環境に問題があると思いますし、

法律がフランス程、整備されていない韓国で、

「万が一、鳥インフルエンザにかかった鶏肉が、ドッグフードに混在してしまうかもしれない」

そう思うと、不安しかありません。

 

韓国製になってからも、ロイヤルカナンを食べ続けさせますか?

cd5ace0fe497b2d6fe77581912ba7008_s

 

韓国製になるというニュースが出回ってから、

「今までロイヤルカナンを信じて食べさせていたのに、裏切られた」

「ロイヤルカナンには失望した」

「フード選びから、ロイヤルカナンは完全に除外する」

 

という飼い主さんの声を聞くようになりました。

実際、まだ韓国製になっていない「今」から、準備段階として、

既にロイヤルカナンをやめて、他のドッグフードに切り替えている飼い主さんも多く見かけます。

「今後はどうしよう・・・」と悩みつつ、今はまだロイヤルカナンを食べさせている飼い主さんもいます。

 

「今現在、販売しているフードはまだフランス製だから大丈夫」といっても、

韓国製になってから急に慌ててフードの切り替えをするのは、ワンちゃんにとって負担がかかるので

準備期間はどうしても必要です。

 

 

ロイヤルカナンから移行していく人も多い

「韓国で作られることに不安でいるくらいなら、ロイヤルカナンにこだわる必要はない」

私は、ハッキリ言ってそちらの考え方に賛成です。    

 

というのも、もともとフランス製だったときから、原材料的にロイヤルカナンはどうなの?と思っていました。

参考:【ロイヤルカナン】ロイヤルカナンはトイプードルに適していますか?

 

 

今ロイカナを食べているワンちゃんが他のフードに移行していくことで、

心配なことは、上手に移行していけるかどうかです。 

 

そのための準備期間は、長めにとっておいた方が良いと思います。  

急にドッグフードを変更すると、お腹がゆるくなったり、体調の変化に出る子もいます。  

逆に全くストレス無く移行できる子もいます。    

その子その子によって違うけれど、早めに準備しておくことに、こしたことはありません。    

 

ネットでは、 「ロイヤルカナンの賞味期限は長いから、

今出ているフランス製のロイヤルカナンを買いだめしましょう!」  

というアドバイスもありますが、 それは、問題の先送りにしかなりません。    

 

だって、その買いだめしたロイヤルカナンが無くなったら、どうするのですか?  

 

その時に、韓国製を食べさせるのでしたら、買いだめをする必要はないですし、

結局フードの切り替えをするのただったら、今のうちからゆっくりと、

他のドッグフードに慣れさせていった方がいい、と思います。

032913              

だって、あなたのワンちゃんはまだまだ何年も、あなたのそばで元気に生きていくのですから・・

ワンちゃんにとって、良いフードに出会えますように・・☆

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

2016年11月追加

ロイヤルカナンが韓国製になることについて、ロイヤルカナンジャポンに聞いてみました。

お客様相談室から返信を頂いたのですが、

メールの転載は不可とのことですので、要点をまとめたいと思います。

 

  • ロイヤルカナンの韓国工場は2018年半ばの生産開始を予定している
  • 生産開始時に、ロイヤルカナンジャポンが新工場から輸入する予定はない
  • 将来的に韓国工場から日本へ製品輸出が決まったら、前もってお知らせする
  • ロイヤルカナンは世界のどの工場でも品質は同じだが、新工場はレベルをさらに引き上げる最先端の製造拠点になる
  • ロイヤルカナンのレシピは全てフランス本社で開発されている
  • 各工場ではその仕様に従って製造している

 

まず、当初「2017年に韓国工場が出来上がる」という情報まででしたが、

生産開始は2018年半ばになるということが分かりました。

 

メールの返信を読んで私が一番驚いたことが、「日本へ輸入する予定はない」ということです。

これは上に引用記事として用いた、2014年のロイヤルカナン代表の言葉と異なっています。

 

日本ユーザーのロイカナ離れをうけて、日本に輸出することはやめたのかと思いきや、

「生産開始時に」と書いてあることから私個人的には「延期した」のかな?と思いました。

とりあえず保留にしているようなイメージでしょうか・

 

「将来的に韓国工場から日本へ製品輸出が決まったら、前もってお知らせする」と書いてあるので、

ひとまず生産開始と同時に日本へは輸出はしませんよ、となったようです。

ですが、将来的には韓国工場に移行していくと考えられます。

 

また、ロイヤルカナンジャポンのメールからも分かるように、ロイカナ製品のレシピはやはり世界共通とのことです。

さらに韓国工場は、最先端の工場と言っています。

なので「韓国製だから単純にヤバイ」という風に思ったことは、偏見だったと反省しました。

しかしレシピは共通でも、記事にも書いたように原材料はその国のものを使用しますから、

厳密にいうと風味や味も若干異なってくるとは思います。

 

*管理人の感想*

今回ロイヤルカナンジャポンお客様相談室の対応は、とても丁寧だと思いました。

質問してから返信までとても早く、またメールの文面もとても丁寧なものでした。

消費者に対しての姿勢は、純粋にすばらしいと思いました。

 

私は、元々ロイヤルカナンは原材料的に好きではないドッグフードで、さらに韓国工場になるということで不信感しかありませんでした。

 

最終的にどのドッグフードを選ぶかは飼い主の自由です。

 

しかし、ロイヤルカナンはこんなにきちんとした対応が出来る企業なのですから、

原材料に関しても、もう少し改良してくれれば良いのに。。。と、非常に残念に思いました。

 

ロイカナユーザーさんは、総合的に考えてジャッジしていってくださいね。

 

*:.。*2019年国産グレインフリーのドッグフードランキング*。:*・'

↓     ↓     ↓     ↓     ↓

当サイトが、トイプードルにおすすめするドッグフード

  • 危険な添加物がはいっていない
  • ヒューマングレードの原材料を使っている
  • 主原料が肉か魚(動物性たんぱく質)になっている

 

この3の条件を満たしたドッグフードの中から、日本の室内で飼っているトイプードルを想定し、たんぱく質が25%〜30%程度、炭水化物が50%以下のドッグフードを選びました。

炭水化物は、当サイトにて計算した数値になります。

 

これらをベースにして、運動量が多い子は時々もう少したんぱく質が多いドッグフードを食べさせるなど、ドッグフードをローテーションしていくのがおすすめ!

 

 

モグワン

レオレア

ファインペッツ

たんぱく質

28%

25%

27%

脂質

12%

11%

16%

粗繊維

3%

1.3%

4.5%

灰分

8%

9%

8.2%

水分

8%

7%

8%

炭水化物*

41%

46.7%

36.3%

エネルギー
(100gあたり)

344kcal

371kcal

440kcal

グルコサミン
コンドロイチン

 

主原料

チキン&サーモン

牛肉

鹿肉、鶏肉

原産国

イギリス

日本

オランダ

コスト*

163円

 

74円

*炭水化物はドッグフードに表記されていないため、100%ー(たんぱく質、脂質、繊維、灰分、水分の合計)で当サイトにて計算しています

*コストは代表して3kgの成犬、全てのドッグフードを税込に合わせて計算しています

 

『モグワン』

11569

・野菜、くだものが豊富に入っています!

・グルコサミン・コンドロイチン配合

・オメガ3、オメガ6配合

・主原料がチキンとサーモンのミックス

 

たんぱく質が28%と多すぎないため、メインのドッグフードに適しています。

関節ケアをしてあげたいトイプードルには、グルコサミンとコンドロイチンが配合されているのはとても嬉しいです。

 

1日あたりの給餌量

1日あたりのコスト

1ヶ月あたりのコスト

3kg成犬

76g

163円

4,890円

4kg成犬

89g

190円

5,700円

5kg成犬

104g

222円

6,660円

コスト・・・1.8kg 3,960円(税抜)通常価格 、 3,564円(税抜)定期購入

*コストは定期購入で計算

 

『レオ&レア』

・国産ドッグフード

・主原料は牛肉

・マイカルテを作成し、愛犬に最適なオリジナルフードや1日の給与量を提案してもらえます。

 

現在インスタで話題沸騰中のドッグフードです。

レオ&レアは、入力したワンちゃんのデータをもとに、最適なレシピを選んでもらえます。

 

半オーダーメイドです。

レギュラーサイズは、なんと愛犬の写真入り!

クリスマスバージョンやサマーバージョン、バレンタインバージョンなど、これがとにかくかわいくて飼い主の心を掴まれます♡

 

国産ドッグフードで、全て人間が食べられるヒューマングレードにこだわっています。

 

「できるだけシンプルに、安心できる良質の食べ物を」というのがレオ&レアのコンセプト。

手間暇がかかっているためコストは若干高めですが、とても良いフードです!

 

1日あたりの給餌量

1日あたりのコスト

1ヶ月あたりのコスト

3.6kgシニア犬

56g

167円

5,010円

*コストは定期便レギュラーサイズ800g 2,205円を税込にして計算

*給餌量は、登録した愛犬の体重や年齢、運動量などによって最適な量を提案してもらえます

 

『ファインペッツ』

・主原料は鹿肉、鶏肉

・消化吸収率が87%ととても高い

・めちゃくちゃコスパが良い◎

 

アレルギー性の低い鹿肉、鶏肉を主原料に使用しています。

グレインフリーではありませんが、アレルギー性の高いとうもろこし・小麦は使用していません。

 

消化吸収率がとても高いため、少ない給餌量で1日分の栄養を賄うことができます

少食の子にとくにおすすめ!

大食いさんは、食べ過ぎると確実に太るため要注意。

 

グルコサミン、コンドロイチンが配合なのも嬉しいです。

給餌量が少ないため、プレミアムフードの中で抜群にコスパが良いです!

1.5kg入り3,142円(税抜)のところ、同じものがなんと1,000円でお試しができます!!

超お得なので、お試しだけでも買っておくとよいです。

(そのまま定期コースに移行するというシステムではないので、安心して買ってOK)

 

1日あたりの給餌量

1日あたりのコスト

1ヶ月あたりのコスト

3kg成犬

33g

74円

2,220円

4kg成犬

45g

101円

3,030円

5kg成犬

55g

124円

3,720円

 

-ロイヤルカナン
-

Copyright© トイプードルの為のおすすめドッグフード選び【辛口注意! 】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.