トイプードルの病気

【膝蓋骨脱臼】トイプードルに多い膝蓋骨脱臼! 予防していこう

shitugaikotu-dakkyu

 

我が家が、トイプードルくーちゃんを迎えて10年。

今年の誕生日で10歳になりました。

10歳といえば、節目の年。

 

幼い顔つきなので、お散歩中に年齢を聞かれて答えると びっくりされることが多いのですが、

あっという間にくーちゃんも立派なシニア犬です。 

 

 

実は、トイプードルは膝蓋骨脱臼になりやすいということはご存知でしたか?  

今日は、トイプードルや小型犬に多い「膝蓋骨脱臼」について、

予防法を書いてみたいと思います! 

 

膝蓋骨脱臼はトイプードルに多い病気

01a186fd411554b5900c22873c7664e7_s  

「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」という言葉を聞いたことがありますか?  

 

膝蓋骨脱臼というのは、

ひざの関節のお皿が内側や外側にはずれてしまう病気のことです。    

トイプードルなどの小型犬で多くみられ、 成長期・シニア世代に多く、

また環境や遺伝によってもかかってしまうと言われています。

 

トイプードルを飼う上で、

気をつけなければならない病気の1つなんです。

 

「膝蓋骨脱臼」の症状は、

ワンちゃんが立っている時に、不安定な様子が見られたり、

手足を引きずる仕草などから、レントゲンで診断されることが多いです。

 

 

トイプードルの「膝蓋骨脱臼」疑い

 

 

我が家は生後4ヶ月で迎えたのですが、

生後7ヶ月位の時に、抱っこから床に下ろすと、

前足の右側を引きずる仕草をするようになりました。

 

ちょうど、フェラリアの薬を貰いに動物病院に用事があったので

足の引きずる仕草を相談したら、レントゲンを撮ってくれました。

 

レントゲンでは、「膝蓋骨脱臼」の傾向はないとの話でしたが、

「成長期なので、今後も様子を見ていきましょう」というお話になりました。

 

うちの場合は幸いその時だけの症状だったのですが、

今はもうシニアですし、足や腰の負担には気をつけています。

   

膝蓋骨脱臼を予防することはできます

 

くーちゃんを飼った当時を思い返すと、

犬を迎えるという事についてきちんと向き合ってなかったと思います。

 

膝蓋骨脱臼を予防するために、フローリングを見なおそう!

犬イラスト 

トイプードルがフローリングがダメな理由ですが、

フローリングだと、爪で地面をふんばろうと思っても、

うまく踏ん張れずに足が滑っていく為、膝や、腰に負担がかかってしまうのです。

 

お部屋の中でボール遊びをしてあげる時に、

くーは楽しくて大興奮してしまいます。

 

そしてフローリングの上で爪を鳴らしながら、

滑ったり横に転んだり・・・

 

ワンちゃんて、飼い主のちょっとした動きでも、

「遊んでもらってる♪」 と大勘違いをして、

1人で大興奮して走り回ってしまいますよね^^;

 

私の実家には猫がいるのですが、

実家に連れて行くと、夜中になるとドタバタと二人で大運動会(;´▽`A`` 178069    

 

 

 

 

 

 

 

2匹で行ったり来たり、バタバタ追いかけっこしています。

フローリングだとそういう時に、滑りやすいんですね。。。

これはいくら爪を短く切っても、滑ってしまいます。

 

犬側を定期的にケアすれば改善できる事ではないので、

カーペットやマットなどをひいて、滑らないようにしてあげるのがてっとり早いです。

 

さらにうちは一戸建てなのですが、

2階から転がり落ちてしまったことがあります。  

しかも2階から1階までゴロゴロと・・・・  

 

私が音を聞いて駆けつけた時には、既に一番下まで転がり落ちたあとでした。。。

幸い転がり落ちた後も元気にしていました。

 

今まで上手に階段をのぼりおりしていたので、

私も完全に油断していて、とっても反省した出来事でした。

 

それからは、階段の前にガーデニング用の柵を置いて

1人で昇り降りが出来ないようにしています。  

 

 

愛犬のジャンプや運動量も考えよう

ジャンプ

 

次に、ワンちゃんとのコミュニケーションや運動について考えたいと思います。

 

犬は飼い主が大好きですよね^^  

くーも、私や娘が家に帰ると、

「おかえり〜おかえり〜〜♪」と大喜びしてくれます。

 

チュッチュチュ〜 ジャンプジャンプジャンプ!!!  

 

どんなに忙しくても仕事で疲れていても、癒される幸せな瞬間で、

とても愛らしい姿なのですが、

ジャンプは腰にかかる負担も大きいんだそうです!  

 

トリマーさんに聞いたのですが、

・常に愛犬の目線に合わせて座る(しゃがむ)

・姿勢を低くしてコミュニケーションをとる

 

ということを心がけると良いそうです。

 

また、ソファーなどにジャンプする時にも負担になる事はあるそうなので、

日々のちょっとしたことから見なおしていきたいですね。

 

 

ドッグフードでも栄養が補えます

 

ワンちゃんは、人間よりも圧倒的に「シニア期」が長いです。

1歳で大人になり、7歳くらいからはシニアになります。

トイプードルは長寿犬ですが、平均寿命は15歳前後だそうです。

 

それを考えても、生きている期間の半分はシニアなのですから、

人間のように整形外科的な痛みが出てもなんら不思議ではありません。

実際に、ワンちゃんの整形外科的な問題は多いそうです。

 

また病気も、10歳前後というのが多いようなので、気をつけています。

 

我が家も「膝蓋骨脱臼」の疑いがあった時に、獣医さんにそのことを聞いて、

サプリメントや、ドックフードについても考えるようになりました。 

 

トイプードルには膝蓋骨脱臼の子が多いですが、

膝蓋骨脱臼の予防のために、必要な栄養素は、グルコサミンとコンドロイチンです。  

 

ですので、ドッグフードにグルコサミンとコンドロイチンが入っている

ドッグフードを選ぶことは、膝蓋骨脱臼の予防にもなるのです。

 

こちらのページに、トイプードルが食べるドッグフードとして

良いものをまとめました。

参考:トイプードルの為のドッグフードランキング! 良質な穀物なら許容する?

 

見ていただくとわかると思いますが、

グルコサミンとコンドロイチンが入っているドッグフードの種類は

そんなに多くないです。

 

その上で、良質なものとなるとかなり限られますが、

病気になってから治療するのではなく、健康的に長生きするための

「予防」がなにより大切だと、私はそう思っています。

 

*:.。*2019年国産グレインフリーのドッグフードランキング*。:*・'

↓     ↓     ↓     ↓     ↓

当サイトが、トイプードルにおすすめするドッグフード

  • 危険な添加物がはいっていない
  • ヒューマングレードの原材料を使っている
  • 主原料が肉か魚(動物性たんぱく質)になっている

 

この3の条件を満たしたドッグフードの中から、日本の室内で飼っているトイプードルを想定し、たんぱく質が25%〜30%程度、炭水化物が50%以下のドッグフードを選びました。

炭水化物は、当サイトにて計算した数値になります。

 

これらをベースにして、運動量が多い子は時々もう少したんぱく質が多いドッグフードを食べさせるなど、ドッグフードをローテーションしていくのがおすすめ!

 

 

モグワン

レオレア

ファインペッツ

たんぱく質

28%

25%

27%

脂質

12%

11%

16%

粗繊維

3%

1.3%

4.5%

灰分

8%

9%

8.2%

水分

8%

7%

8%

炭水化物*

41%

46.7%

36.3%

エネルギー
(100gあたり)

344kcal

371kcal

440kcal

グルコサミン
コンドロイチン

 

主原料

チキン&サーモン

牛肉

鹿肉、鶏肉

原産国

イギリス

日本

オランダ

コスト*

163円

 

74円

*炭水化物はドッグフードに表記されていないため、100%ー(たんぱく質、脂質、繊維、灰分、水分の合計)で当サイトにて計算しています

*コストは代表して3kgの成犬、全てのドッグフードを税込に合わせて計算しています

 

『モグワン』

11569

・野菜、くだものが豊富に入っています!

・グルコサミン・コンドロイチン配合

・オメガ3、オメガ6配合

・主原料がチキンとサーモンのミックス

 

たんぱく質が28%と多すぎないため、メインのドッグフードに適しています。

関節ケアをしてあげたいトイプードルには、グルコサミンとコンドロイチンが配合されているのはとても嬉しいです。

 

1日あたりの給餌量

1日あたりのコスト

1ヶ月あたりのコスト

3kg成犬

76g

163円

4,890円

4kg成犬

89g

190円

5,700円

5kg成犬

104g

222円

6,660円

コスト・・・1.8kg 3,960円(税抜)通常価格 、 3,564円(税抜)定期購入

*コストは定期購入で計算

 

『レオ&レア』

・国産ドッグフード

・主原料は牛肉

・マイカルテを作成し、愛犬に最適なオリジナルフードや1日の給与量を提案してもらえます。

 

現在インスタで話題沸騰中のドッグフードです。

レオ&レアは、入力したワンちゃんのデータをもとに、最適なレシピを選んでもらえます。

 

半オーダーメイドです。

レギュラーサイズは、なんと愛犬の写真入り!

クリスマスバージョンやサマーバージョン、バレンタインバージョンなど、これがとにかくかわいくて飼い主の心を掴まれます♡

 

国産ドッグフードで、全て人間が食べられるヒューマングレードにこだわっています。

 

「できるだけシンプルに、安心できる良質の食べ物を」というのがレオ&レアのコンセプト。

手間暇がかかっているためコストは若干高めですが、とても良いフードです!

 

1日あたりの給餌量

1日あたりのコスト

1ヶ月あたりのコスト

3.6kgシニア犬

56g

167円

5,010円

*コストは定期便レギュラーサイズ800g 2,205円を税込にして計算

*給餌量は、登録した愛犬の体重や年齢、運動量などによって最適な量を提案してもらえます

 

『ファインペッツ』

・主原料は鹿肉、鶏肉

・消化吸収率が87%ととても高い

・めちゃくちゃコスパが良い◎

 

アレルギー性の低い鹿肉、鶏肉を主原料に使用しています。

グレインフリーではありませんが、アレルギー性の高いとうもろこし・小麦は使用していません。

 

消化吸収率がとても高いため、少ない給餌量で1日分の栄養を賄うことができます

少食の子にとくにおすすめ!

大食いさんは、食べ過ぎると確実に太るため要注意。

 

グルコサミン、コンドロイチンが配合なのも嬉しいです。

給餌量が少ないため、プレミアムフードの中で抜群にコスパが良いです!

1.5kg入り3,142円(税抜)のところ、同じものがなんと1,000円でお試しができます!!

超お得なので、お試しだけでも買っておくとよいです。

(そのまま定期コースに移行するというシステムではないので、安心して買ってOK)

 

1日あたりの給餌量

1日あたりのコスト

1ヶ月あたりのコスト

3kg成犬

33g

74円

2,220円

4kg成犬

45g

101円

3,030円

5kg成犬

55g

124円

3,720円

 

-トイプードルの病気

Copyright© トイプードルの為のおすすめドッグフード選び【辛口注意! 】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.