危険なドッグフードの添加物

ドッグフードに入っている危険な添加物は、ずばりコレだ!

更新日:

ドッグフードに入っている危険な添加物を知っていますか?

『無添加ドッグフード』といえばなんとなく聞こえはよく、健康にも良さそうですが、無添加が必ずしも良いわけではありません。

というのも私たちが食べるお弁当が何日も日持ちしないように、ドッグフードも添加物を全くいれないことで、酸化してしまったり傷んでしまっては逆に犬の健康に悪いからです・・・

私たち飼い主がドッグフードを使う理由は、何でしょうか?

よそうだけで犬にとっての必要な栄養を取れること、ある程度長期保存が効くこと、それから外出や災害時にもかんたんに食べさせられること、ではないでしょうか?

これは、100%完全な手作り食では出来ないことです。

だから私はドッグフードを作る上で、やはり最低限の添加物は必要だと考えています。

 

また『添加物』とひとくくりにいっても、危険な添加物と安全な添加物があります。

日本で販売されているドッグフードには、残念ながら危険な添加物が使われているものが多いです。

こちらの記事では、危険な添加物と安全な添加物を見分けるポイントと、実際に危険な添加物が入っているドッグフードを暴露します!

そして、どうか危険な添加物ではなく安全な添加物を使っているドッグフードを選ぶようにしてください。

 

ドッグフードに添加物を入れる理由

ドッグフードには、なぜ添加物を入れるのでしょうか?

それは、大きく分けて3つ理由があります。

ドッグフードに添加物を入れる理由
  • 飛んでしまった栄養素を添加するため
  • ドッグフードの品質を保つため
  • 犬の食いつきをよくするため

では順番に見ていきましょう!

 

飛んでしまった栄養素を添加するため

ドライフードの多くは、製造過程において高温加工されて作られています。

高温加工すると、熱に弱い栄養素は飛んでしまいます。

その飛んでしまった栄養素を補充する目的で使う添加物が、まず1つ。

原材料に「ビタミン類」「ミネラル類」と書かれているもので、サプリメントのような意味合いですね。

しかし、最近は栄養を飛ばないように加工方法を工夫してサプリメントを添加しないドッグフードもあります。

例えば、オリジン アカナ ナチュロルといったドッグフードですね。

 

ドッグフードの品質を保つため

酸化防止剤や保存料が代表的なものです。

ドライフードが腐らずに何日も保存しておけるのは、品質を保つための添加物が使われているからです。

半生タイプだったら柔らかさを出すために添加物を入れていますし、製造する季節が異なっても同じドッグフードが手に入るのはやはり添加物で品質を一定に保っているからです。

 

犬の食いつきをよくするため

食いつきをよくするためにも添加物は使われています。例えば、香料や甘味料です。

また、食品添加物には指定されていませんが、たんぱく加水分解物というのもあります。

これは一言でいうとうまみ成分です。

ニュートロ社のドッグフードに必ず入っているのですが、これが入っているからかニュートロ社のドッグフードは食いつきが良いという口コミが多いのです。

なぜ添加物に指定されていないのか分からないくらい、同じ類のものです。

 

ドッグフードに使われている添加物と商品名を暴露

まず、ドッグフードに使われている添加物には、大きく分けて『合成添加物』と『天然添加物』があります。

『合成添加物』は人工的に作られたもともと自然界にはないもので、『天然添加物』は天然由来のものから作られている添加物です。

どちらが危険かは一目瞭然です。『合成添加物』が危険で、『天然添加物』は安全なものです。

人工的に作られた『合成添加物』は、自然界にないものなので体に悪影響を及ぼす可能性があったり、体に蓄積しやすいと言われています。

 

危険な合成添加物

合成酸化防止剤・・・ドッグフードの長期保存を可能にする

・BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

・BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

・エトキシキン

・没食子酸プロピル

※長期摂取すると発がん性などのリスクがある

合成酸化防止剤が使われているドッグフード

ロイヤルカナン、ビルジャク、ペディグリー、など

 

合成保存料・・・ドッグフードの長期保存を可能にする

・ソルビン酸カリウム

※毒性があり、長期摂取することで健康を害する可能性がある

合成保存料が使われているドッグフード

ロイヤルカナン、COMBO、ペディグリー、グラン・デリ、ベストバランス、ゴン太のふっくらソフト、など

 

合成着色料・・・ドッグフードの見た目を良くする

・赤色◯◯号

・青色◯◯号

・二酸化チタン

※発がん性があり、長期摂取が危険視されている

合成着色料が使われているドッグフード

COMBO、ペディグリー、ラン・ミール、愛犬元気、家族のごはん、グラン・デリ、ベストバランス、ゴン太のふっくらソフト、など

色とりどりのカラフルなドッグフードは、合成着色料が使われていると思ってよいです。

よく言われることは「犬には色が分かりにくいため、ドッグフードをカラフルにしても意味がない」ということです。

しかしドッグフードを着色するのは、他にも意味があります。

それは、原材料の産地や季節によってドッグフードの色が異なると、飼い主である私たちが「もしかして不良品?」と思ってしまうからです。

いつも同じものを提供するという意味で、ドッグフードに着色をしていることもあります。

 

合成調味料

・グリシリジンアンモニエート

 

安全な天然添加物

天然酸化防止剤

・ミックストコフェロール

・ローズマリー抽出物

・ハーブエキス

・ビタミンC

・ビタミンE

・クエン酸

良質なドッグフードには、着色料は使われていません。

 

合成添加物と天然添加物の見分け方

合成添加物はカタカナや数字、パット見で何からできているのか分かりません。

赤色2号など、色+数字は合成着色料の典型です。

天然添加物は、「ローズマリー抽出物」「ハーブエキス」など植物の名前が入っていたりと、何から抽出したものなのかが想像しやすいです。

 

また無添加をうたっているドッグフードの中にも、原材料をよく見ると実は天然添加物は入っているというものは多くあります。

合成添加物を添加していないという意味で、「無添加」と使っているのでしょうが、私達消費者にとっては「添加物を全く使っていない」というふうに誤解してしまいがちです。

ですのでドッグフードの謳い文句だけではなく、裏面の原材料を確認する習慣をつけたいですね。

 

まとめ

ドッグフードには添加物が使われています。

無添加と言われているドッグフードでも、完全に添加物を使っていないものよりも、天然添加物は使われていることが多いです。

なのでドライフードを主食として食べさせていく以上、添加物をすべて排除することは困難でしょう。

また日本はドッグフード後進国のため、危険と言われている添加物を使っているドッグフードは、実は多くあります。

例えば、ロイヤルカナンで使われているBHAは、「長期摂取することで発がん性のリスクがある」といわれています。

しかしこちらの記事に書きましたが、ロイヤルカナンのHPを見ると「ロイヤルカナンに入っているBHAの含有量では、発がん性が認められない」と記されています。

【検証】ロイヤルカナンはトイプードルに適していますか?

トイプードルに、ロイヤルカナンをあげている飼い主さんや 食べさせたことのある飼い主さんって、結構多いんじゃないかな〜と思います。   犬種別にフードが分かれているので、選びやすいですよね! &nbsp ...

続きを見る

 

しかしドッグフードは1日だけ食べるものではなく、毎日食べ続けるものです。

そして犬は人間よりも体が小さく寿命が短いため、体に対しての影響は私たち人間よりも多くなると思うのです。

なので、できる限り合成添加物が使われているドッグフードは避けるべきだと考えます。

もちろん合成添加物のドッグフードしかないのであれば仕方のないことですが、天然添加物を使用しているドッグフードもあるのですから、できるだけそちらを選ぶようにしたいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

*:.。*2019年国産グレインフリーのドッグフードランキング*。:*・'

↓     ↓     ↓     ↓     ↓

当サイトが、トイプードルにおすすめするドッグフード

  • 危険な添加物がはいっていない
  • ヒューマングレードの原材料を使っている
  • 主原料が肉か魚(動物性たんぱく質)になっている

 

この3の条件を満たしたドッグフードの中から、日本の室内で飼っているトイプードルを想定し、たんぱく質が25%〜30%程度、炭水化物が50%以下のドッグフードを選びました。

炭水化物は、当サイトにて計算した数値になります。

 

これらをベースにして、運動量が多い子は時々もう少したんぱく質が多いドッグフードを食べさせるなど、ドッグフードをローテーションしていくのがおすすめ!

 

 

モグワン

レオレア

ファインペッツ

たんぱく質

28%

25%

27%

脂質

12%

11%

16%

粗繊維

3%

1.3%

4.5%

灰分

8%

9%

8.2%

水分

8%

7%

8%

炭水化物*

41%

46.7%

36.3%

エネルギー
(100gあたり)

344kcal

371kcal

440kcal

グルコサミン
コンドロイチン

 

主原料

チキン&サーモン

牛肉

鹿肉、鶏肉

原産国

イギリス

日本

オランダ

コスト*

163円

 

74円

*炭水化物はドッグフードに表記されていないため、100%ー(たんぱく質、脂質、繊維、灰分、水分の合計)で当サイトにて計算しています

*コストは代表して3kgの成犬、全てのドッグフードを税込に合わせて計算しています

 

『モグワン』

11569

・野菜、くだものが豊富に入っています!

・グルコサミン・コンドロイチン配合

・オメガ3、オメガ6配合

・主原料がチキンとサーモンのミックス

 

たんぱく質が28%と多すぎないため、メインのドッグフードに適しています。

関節ケアをしてあげたいトイプードルには、グルコサミンとコンドロイチンが配合されているのはとても嬉しいです。

 

1日あたりの給餌量

1日あたりのコスト

1ヶ月あたりのコスト

3kg成犬

76g

163円

4,890円

4kg成犬

89g

190円

5,700円

5kg成犬

104g

222円

6,660円

コスト・・・1.8kg 3,960円(税抜)通常価格 、 3,564円(税抜)定期購入

*コストは定期購入で計算

 

『レオ&レア』

・国産ドッグフード

・主原料は牛肉

・マイカルテを作成し、愛犬に最適なオリジナルフードや1日の給与量を提案してもらえます。

 

現在インスタで話題沸騰中のドッグフードです。

レオ&レアは、入力したワンちゃんのデータをもとに、最適なレシピを選んでもらえます。

 

半オーダーメイドです。

レギュラーサイズは、なんと愛犬の写真入り!

クリスマスバージョンやサマーバージョン、バレンタインバージョンなど、これがとにかくかわいくて飼い主の心を掴まれます♡

 

国産ドッグフードで、全て人間が食べられるヒューマングレードにこだわっています。

 

「できるだけシンプルに、安心できる良質の食べ物を」というのがレオ&レアのコンセプト。

手間暇がかかっているためコストは若干高めですが、とても良いフードです!

 

1日あたりの給餌量

1日あたりのコスト

1ヶ月あたりのコスト

3.6kgシニア犬

56g

167円

5,010円

*コストは定期便レギュラーサイズ800g 2,205円を税込にして計算

*給餌量は、登録した愛犬の体重や年齢、運動量などによって最適な量を提案してもらえます

 

『ファインペッツ』

・主原料は鹿肉、鶏肉

・消化吸収率が87%ととても高い

・めちゃくちゃコスパが良い◎

 

アレルギー性の低い鹿肉、鶏肉を主原料に使用しています。

グレインフリーではありませんが、アレルギー性の高いとうもろこし・小麦は使用していません。

 

消化吸収率がとても高いため、少ない給餌量で1日分の栄養を賄うことができます

少食の子にとくにおすすめ!

大食いさんは、食べ過ぎると確実に太るため要注意。

 

グルコサミン、コンドロイチンが配合なのも嬉しいです。

給餌量が少ないため、プレミアムフードの中で抜群にコスパが良いです!

1.5kg入り3,142円(税抜)のところ、同じものがなんと1,000円でお試しができます!!

超お得なので、お試しだけでも買っておくとよいです。

(そのまま定期コースに移行するというシステムではないので、安心して買ってOK)

 

1日あたりの給餌量

1日あたりのコスト

1ヶ月あたりのコスト

3kg成犬

33g

74円

2,220円

4kg成犬

45g

101円

3,030円

5kg成犬

55g

124円

3,720円

 

-危険なドッグフードの添加物
-

Copyright© トイプードルの為のおすすめドッグフード選び【辛口注意! 】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.