ニュートロ(ナチュラルチョイス・シュプレモ・ワイルドレシピ)

【ニュートロ】ナチュラルチョイスとシュプレモの違い! ナチュラルチョイスのおすすめ度

nachuralchoice2

 

ニュートロ社から出ているナチュラルチョイスとシュプレモ。

それに今年に入って、新しくワイルドレシピというシリーズが加わりました。

 

シュプレモとワイルドレシピについては、こちらに書きましたので、

今日はナチュラルチョイスとシュプレモを比較してみたいと思います(`•ω•´๑)

【シュプレモとワイルドレシピ】違いは何? それぞれのレビューと、シュプレモおすすめ度

  ニュートロ社が製造している「シュプレモ」と「ワイルドレシピ」。 この2つのシリーズについては、ペットショップで見たときから気になっていました。   今回、サンプルと現品を取り寄 ...

続きを見る

 

ナチュラルチョイスとシュプレモの違い

ナチュラルチョイスは種類が多すぎです

newtro3

 

まず、ニュートロの「ナチュラルチョイス」というドッグフードは、

”高品質な自然素材を使用し、愛犬の様々なニーズにこたえるナチュラル・フード”とうたわれています。

 

ナチュラルチョイスの特徴は、毛並みや高品質の原料、消化率なんだそうです。

なんだか抽象的な言い方でよく分かりませんので、もう少し詳しくみてみましょう!<(`^´)>

 

ナチュラルチョイスの特徴

ナチュラルチョイス、シュプレモ、ワイルドレシピともに、原産国はアメリカです。

ナチュラルチョイスは、毛並みや皮膚の健康維持に配慮されたフードで、

主原料は、チキン、ラム、鹿肉、フィュシュ(ニシン)、サーモン、ダックの6種類です。

厳選された素材をつかうということで、消化吸収の手助けにもなるそうです。

 

また、「プレミアムチキン」、「プロテインシリーズ」、「スペシャルケア」という

3つのステージにも分かれているのですが、かなり種類が多すぎて、

実際に買う立場からすると「いったい、どれを選んだらいいの?」と、とても分かりづらいと思いました。

 

ちなみに成犬3キロのトイプードルに該当するドッグフードは・・・・

  • プレミアムチキン 「チキン&玄米」成犬用
  • プレミアムチキン 「チキン&玄米」エイジングケア
  • プロティンシリーズ 「ラム&玄米」成犬用
  • プロティンシリーズ 「ラム&玄米」エイジングケア
  • プロティンシリーズ 「鹿肉&玄米」成犬用
  • プロティンシリーズ 「フィッシュ&玄米」成犬用
  • スペシャルケア 「チキン&玄米」避妊・去勢犬用 成犬用
  • スペシャルケア 「チキン&玄米」避妊・去勢犬用 エイジングケア
  • スペシャルケア 「ラム&玄米」減量用 成犬用
  • スペシャルケア 「チキン&玄米」体重管理用 成犬用
  • スペシャルケア 「チキン&ヒヨコマメ」糖の吸収の健康維持(低GI)穀物フリー 成犬用(終売予定)
  • スペシャルケア 「サーモン&ヒヨコマメ」糖の吸収の健康維持(低GI)穀物フリー 成犬用(終売予定)

(2017年6月現在)

その数、実に12種類!

いくらなんでも多すぎでしょ。

 

これ、3キロのトイプードルが食べる可能性のあるものだけに絞っているので、

実際は中型犬用とか子犬用とか合わせると、

ナチュラルチョイスの銘柄で販売されているドッグフードは、21種類にも及びます。(2017年6月現在)

 

ところで、「エイジングケア」てなんですか?

ナチュラルチョイスの成分を見てどんな物が配合されているかチェックしたいところなんですが、

まず、私が気になったのは「エイジングケアて何やねん?」

エイジングって、アンチエイジングのエイジング?

女性の化粧品の時によく聞く、「シミ」「たるみ」「シワ」のあれでしょうか・・・?

 

ナチュラルチョイスのドッグフードは、「成犬用」と「エイジングケア用」と分かれて、販売されています。

なのでまずは、同じシリーズの成犬用とエイジングケア用の違いを見ていきたいと思います。

 

プレミアムチキン 「チキン&玄米」成犬用の成分

・チキン生肉

・乾燥チキン

・玄米

・オートミール

・粗挽き米

・米糠

・エンドウタンパク

・鶏脂*

ビートパルプ

タンパク加水分解物

・ひまわり油*

・大豆油*

・マリーゴールドミール

・ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、イノシトール、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)

・ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)

・アミノ酸類(タウリン、メチオニン)

・酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

・緑茶抽出物

・スペアミント抽出物

※ビートパルプについてはこちら⇒【コレだけは覚えて!】ドッグフードに入っている危険な添加物の名称。

引用:http://www.nutro.jp/products/natural/dog/tb_adult_c_br/

・・悪いとまではいえないが、あまり好ましくないもの

・・好ましくないもの

 

プレミアムチキン 「チキン&玄米」エイジングケアの成分

・チキン生肉

・乾燥チキン

・玄米

・粗挽き米

・米糠

・エンドウタンパク

・オートミール

ビートパルプ

・鶏脂*

タンパク加水分解物

・ひまわり油*

・大豆油*

フィッシュオイル*

・ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)

・ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)

・アミノ酸類(メチオニン)

・酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

・緑茶抽出物

・スペアミント抽出物

引用:http://www.nutro.jp/products/natural/dog/senior_chicken_rice_small/

・・悪いとまではいえないが、あまり好ましくないもの

・・好ましくないもの

 

 

黄色くしたところが、それぞれにしか入っていない成分です。

つまり、

「成犬用」に入っていて、エイジングケアに入っていないのが、ビタミンC・イノシトール・タウリン

「エイジングケア」に入っていて、成犬用に入っていないのが、フィッシュオイル。

 

HPをもう一度よく読むと、エイジングケアというのは、「7歳からのシニア犬」と小さく書かれています。

だったら普通にシニア用と書いてくれたほうが、よっぽど分かりやすいのですが・・・^^;

なんで、わざわざ分かりづらい名前付けるのヽ(;´Д`)ノ

もしかして、単にオシャレさを狙っただけ・・・?

 

つまり、成犬用とエイジングケア用というのは、7歳以上か7歳未満かの年齢でスパっと決めてよいようです。

ナチュラルチョイス、ちょっと分かりにくいです・・

 

成分を見る限りでは、悪くない商品に見えます。

穀物が入っているものの、国内産のトウモロコシと違って栄養価の高い穀物を使用しています。

 

オートミールは、オーツ麦を食べやすく加工したもので栄養価も高いです。

最近ではシリアルや健康食品でも聞く名前ですよね。

 

でも、ニュートロ社のドッグフードでお馴染みの2つのNG成分である

「ビートパルプ」と「タンパク加水分解物」はナチュラルチョイスももれなく入っています。

 

この2つのNG成分以外は悪くはないのですが、やはりお野菜やフルーツなどの天然の原材料が欲しいかな〜。

 

ナチュラルチョイスの粒の大きさ

私にとってナチュラルチョイスはあまり魅力的でないため、我が家は、ナチュラルチョイスを買ったことはないのですが、

ちょうどサンプルで頂いたので、フードの粒の写真を撮りました。

 

こちらは、「小型犬用 チキン&玄米 エイジングケア」になります。

naturalchoice

※クリックで大きくなります

 

ワイルドレシピよりも小粒で、四角いサイコロ状でした。

 

ナチュラルチョイスには、穀物不使用のドッグフードもある

ナチュラルチョイスのシリーズには、穀物不使用のドッグフードもあります。

「スペシャルケア 糖の吸収の健康維持(低GI)」というものです。

 

もしもナチュラルチョイスで穀物の入っていないドッグフードを買うなら、

・スペシャルケア 「チキン&ヒヨコマメ」糖の吸収の健康維持(低GI)穀物フリー 成犬用

・スペシャルケア 「サーモン&ヒヨコマメ」糖の吸収の健康維持(低GI)穀物フリー成犬用

の2つしかありませんが、これらは終売予定です。(2017年6月現在)

 

スペシャルケア 「チキン&ヒヨコマメ」穀物フリー 成犬用の成分を見てみましょうか。

 

スペシャルケア「チキン&ヒヨコマメ」糖の吸収の健康維持(低GI)穀物フリー成犬用の成分

・チキン生肉

・乾燥チキン

・ヒヨコマメ

・乾燥ラム肉

・乾燥ポテト

・鶏脂*

・エンドウタンパク

・エンドウマメ

・アルファルファミール

タンパク加水分解物

・ひまわり油*

ビートパルプ

・ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)

・ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)

・アミノ酸類(メチオニン)

・酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

・緑茶抽出物

・スペアミント抽出物

引用:http://nutro.jp/products/natural/dog/adult_chicken_chickpea_small/

・・悪いとまではいえないが、あまり好ましくないもの

・・好ましくないもの

 

[char no="2" char="くーmama"]あれ?この原材料、どっかで見たような気がする・・・?[/char]

と思ってワイルドレシピを見たら・・・・

 

見事に原材料全く同じじゃん!!

【ニュートロ】新商品「ワイルドレシピ」の評価レビューとおすすめ度

ワイルドレシピって、既存商品と中身同じじゃない?   ニュートロから新しく出た「ワイルドレシピ」。 ワイルドレシピはグレインフリーのドッグフードで、気になっていたので、早速買ってくーに食べさ ...

続きを見る

え・・・?なにコレ。どーいうこと?

 

ちなみに、

「スペシャルケア 「サーモン&ヒヨコマメ」糖の吸収の健康維持(低GI)穀物フリー成犬用」と、

「ワイルドレシピ サーモン」も、成分ほぼ一緒でした。(生サーモンか、サーモンの違いだけ)

ワイルドレシピは、全くの新商品だと思っていたので、この時はさすがに衝撃を受けました。

 

そして、シュプレモとワイルドレシピに関しては

それなりに気に入っているフードだっただけに、かなりショックを受けましたね・・・。

 

シュプレモは野菜やフルーツが豊富

こちらのの記事で書いたとおり、シュプレモは自然素材を売りにしているドッグフードです。

参考:【シュプレモ】シュプレモとワイルドレシピの違いとは? シュプレモの成分とおすすめ度

 

ナチュラルチョイスとの違いは、野菜や果物が豊富に入っているかどうかです。

 

シュプレモの中身は、

完熟トマト、チキン、ラム、サーモン、カンジュクザクロやブルーベリー、クランベリーなど

おいしそうな組み合わせで作られています。

 

自然素材をふんだんにいれることで、相互作用が生まれ、

健康維持や免疫力を保つ抗酸化作用など、愛犬の健康維持を毎日の食事でカバーできるということなんだそうです。

 

ただ、ナチュラルチョイスにもシュプレモにも、

ビートパルプの他にも良くない成分として、タンパク加水分解物も入っています。

 

タンパク加水分解物というのは、簡単に言うと旨味を出すために作られた人工的なもの。

食いつきをよくするために入れていると思われます。

 

タンパク加水分解物は、人間の食べ物にも入っているため「絶対にNG」というほどの成分ではありませんが、

飼い主としては、素材の味だけで勝負して欲しいところです。

 

ナチュラルチョイスとシュプレモの違いをまとめると・・

ナチュラルチョイスもシュプレモも、ワイルドレシピも、

若干の違いがあるものの、どれが良くてどれが悪いといった分け方ができるものではなく、

栄養面的には、はっきり言ってそんなに大差はありません。

 

簡単にいうと、

オーソドックスなのがナチュラルチョイス、

野菜果物豊富がシュプレモ、

穀物不使用がワイルドレシピです。

NG成分であるビートパルプとタンパク加水分解は、いずれにも入っています。

 

どうしてニュートロ製品にはビートパルプが入っているの?

ところで、なぜニュートロ社のドッグフードには、栄養の全然無いビートパルプを入れるのでしょう・・・?

ドッグフードにビートパルプを入れるということは、人間側のメリットしかありません。

 

  • 企業側には、「ドッグフードをカサ増しできる」いうメリット
  • 飼い主さん側には、「やわらかいうんちが解消しているように見える」というメリット

 

でもそのしわ寄せは、ワンちゃん本人にきてしまいます。

飼い主にとっては、うんちの処理がしやすくて楽になったように見えても、

薬品の残りを体に入れていることで、ワンちゃんの体にとって、決して良いものではありません。

かたくなったうんちが体内にとどまっている時間が多くなるため、うんちが臭くなるという声も聞きます。

 

上に書いた12種類のナチュラルチョイスのドッグフードのうち、

ビートパルプが入っていないフードを調べてみたところ、

 

・プロティンシリーズ 「ラム&玄米」成犬用

・プロティンシリーズ 「鹿肉&玄米」成犬用

・プロティンシリーズ 「フィッシュ&玄米」成犬用

この3種類だけでした・・・。残念。

 

*「じゃぁビートパルプとタンパク加水分解が入っていないドッグフードはどれ?」

>>カナガンの公式ページをみてみる

>>管理人が飼っているくーちゃんが実際に食べてレビューした様子を読む

 

「ナチュラルチョイス」管理人のおすすめ度☆*・゜

 

4.0 / 5点

 

この点数をつけた理由

プラス評価・・・穀物が使われているが、良質なもの

マイナス評価・・ビートパルプなどのNG成分が使われている・糖の吸収の健康維持(低GI)穀物フリー成犬用の成分が、ワイルドレシピと同じ

*1袋あたりのコスト・・・1,642円/1kg

*1袋をたべきる期間・・・16日(1回30gを朝晩2回あげる計算)

*1日あたりのコスト・・・102円

 

 

当サイトが、トイプードルにおすすめするドッグフード

  • 危険な添加物がはいっていない
  • ヒューマングレードの原材料を使っている
  • 主原料が肉か魚(動物性たんぱく質)になっている

 

この3の条件を満たしたドッグフードの中から、日本の室内で飼っているトイプードルを想定し、たんぱく質が25%〜30%程度、炭水化物が50%以下のドッグフードを選びました。

炭水化物は、当サイトにて計算した数値になります。

 

これらをベースにして、運動量が多い子は時々もう少したんぱく質が多いドッグフードを食べさせるなど、ドッグフードをローテーションしていくのがおすすめ!

 

 

モグワン

レオレア

ファインペッツ

たんぱく質

28%

25%

27%

脂質

12%

11%

16%

粗繊維

3%

1.3%

4.5%

灰分

8%

9%

8.2%

水分

8%

7%

8%

炭水化物*

41%

46.7%

36.3%

エネルギー
(100gあたり)

344kcal

371kcal

440kcal

グルコサミン
コンドロイチン

 

主原料

チキン&サーモン

牛肉

鹿肉、鶏肉

原産国

イギリス

日本

オランダ

コスト*

163円

 

74円

*炭水化物はドッグフードに表記されていないため、100%ー(たんぱく質、脂質、繊維、灰分、水分の合計)で当サイトにて計算しています

*コストは代表して3kgの成犬、全てのドッグフードを税込に合わせて計算しています

 

レオ&レア

・国産ドッグフード

・主原料は牛肉

・マイカルテを作成し、愛犬に最適なオリジナルフードや1日の給与量を提案

現在インスタで話題沸騰中のドッグフードです。

レオ&レアは、入力したワンちゃんのデータをもとに、最適なレシピを選んでもらえます。

 

半オーダーメイドです。

レギュラーサイズは、なんと愛犬の写真入り!

クリスマスバージョンやサマーバージョン、バレンタインバージョンなど、これがとにかくかわいくて飼い主の心を掴まれます♡

 

国産ドッグフードで、全て人間が食べられるヒューマングレードにこだわっています。

 

「できるだけシンプルに、安心できる良質の食べ物を」というのがレオ&レアのコンセプト。

手間暇がかかっているためコストは若干高めですが、とても良いフードです!

 

1日あたりの給餌量

1日あたりのコスト

1ヶ月あたりのコスト

3.6kgシニア犬

56g

167円

5,010円

*コストは定期便レギュラーサイズ800g 2,205円を税込にして計算

*給餌量は、登録した愛犬の体重や年齢、運動量などによって最適な量を提案してもらえます

 

ナチュロル

9913

・国産でグレイン・グルテンフリーと言ったらコレ!

・主原料は、牛肉・鶏肉・馬肉・魚肉のミックス

・フードのにおいが少ない

国産でグレインフリー・グルテンフリーのドッグフードを探しているなら、まずナチュロルから試すといいです。

発売から2年が経ちましたが、今もなお人気のドッグフード。

 

高価なドッグフードですが、100円でお試しできるというのはかなりのメリット。

しかも30日間返金保証までついているので、食いつきが心配なワンちゃんにも嬉しいです。

 

低温フレッシュ製法で、酵素や乳酸菌が生きたままお腹に届くため、ウンチがゆるくなることがあります。

その時は、給与量を減らして少し様子をみて見ましょう。

うちの場合は、だんだんバナナウンチに変化して、いいウンチになりました!

ファインペッツ

・主原料は鹿肉、鶏肉

・消化吸収率が87%ととても高い

・めちゃくちゃコスパが良い◎

アレルギー性の低い鹿肉、鶏肉を主原料に使用しています。

グレインフリーではありませんが、アレルギー性の高いとうもろこし・小麦は使用していません。

 

消化吸収率がとても高いため、少ない給餌量で1日分の栄養を賄うことができます

少食の子にとくにおすすめ!

大食いさんは、食べ過ぎると確実に太るため要注意。

 

グルコサミン、コンドロイチンが配合なのも嬉しいです。

給餌量が少ないため、プレミアムフードの中で抜群にコスパが良いです!

1.5kg入り3,142円(税抜)のところ、同じものがなんと1,000円でお試しができます!!

超お得なので、お試しだけでも買っておくとよいです。

(そのまま定期コースに移行するというシステムではないので、安心して買ってOK)

 

1日あたりの給餌量

1日あたりのコスト

1ヶ月あたりのコスト

3kg成犬

33g

74円

2,220円

4kg成犬

45g

101円

3,030円

5kg成犬

55g

124円

3,720円

 

-ニュートロ(ナチュラルチョイス・シュプレモ・ワイルドレシピ)

Copyright© トイプードルの為のおすすめドッグフード選び【辛口注意! 】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.