トイプードルの為のドッグフード口コミレビュー

【ビルジャック】ビルジャックのドッグフードに、ある意味驚きを隠せない!

bill

 

ビルジャックのドッグフードについてまとめてみたいと思います。

久しぶりに酷かったので、ザクザク斬りますよ!

 

 

ビルジャックはアメリカのドッグフードです

ビルジャックはアメリカ発のドッグフードです。

小型犬のトイプードルに食べさせる場合には、

 

・スモールブリードパピー(幼犬用)

・スモールブリードセレクト(成犬用)

 

のどちらかになるでしょう。

 

ビルジャックは、店頭では見かけないドッグフードですので、

ネット購入か動物病院で販売されているようです。

 

スモールブリードセレクト(成犬用)の原材料を見てみよう!

トイプードルが、ビルジャックを食べるとしたらどれかな?ということを考えて、

「スモールブリードセレクト」の成分をみていきたいと思います。

 

・新鮮な鶏肉

鶏の副産物(アルギニン源である新鮮な鶏肉の内臓のみ(鶏の肝臓を含む))

とうもろこしのミール

鶏の副産物のミール

・オートミール

・乾燥甜菜果肉

・山芋

・醸造用乾燥イースト

・亜麻仁

・DL-メチオニン

・L-リジン

・乾燥ブルーベリー

・乾燥クランベリー

・乾燥りんご

・乾燥ブロッコリー

・プロピオン酸ナトリウム

・混合トコフェロール

・ビタミンA酢酸塩

・ビタミンD3補強剤

・ビタミンE補強剤

・リボフラビン補強剤

・ナイアシン

・ビオチン

・塩化コリン

・葉酸

・硝酸チアミン

・塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)

・アスコルビン酸

・ビタミンB12補強剤

・パントテン酸D-カルシウム

・酸化マンガン

・イノシトール

BHA

・硫化鉄

・硫酸銅

・酸化亜鉛

・炭酸コバルト

・ヨウ化カリウム

・亜セレン酸ナトリウム

・ローズマリー抽出物

※BHAについてはこちら⇒【コレだけは覚えて!】ドッグフードに入っている危険な添加物の名称。

引用:http://www.biljac.jp/products/small/small-breed-select/index.html

・・悪いとまではいえないが、あまり好ましくないもの

・・好ましくないもの

 

久しぶりにヤバイのが来ましたね。

上から見ていくと、「新鮮な鶏肉」という表現がいまいちよく分かりませんが、まぁ置いておきたいと思います^^;

  • 鶏の副産物
  • とうもろこしのミール
  • 鶏の副産物のミール

副産物というのは、加工するときに出る骨や内蔵、ひづめ、体毛などの捨てる部位のことです。

これらを粉々に砕いて、見た目ではバレないようにドッグフードの中にしのばせています。

 

低価格帯のドッグフードには結構な確率で、

この「◯◯副産物」「◯◯ミール」が入っていますが、

絶対に犬に食べさせてはいけません。

 

鶏の副産物のミールも同じものです。

両方合わせるとかなりの量がはいっているのだと思います。

 

HPには「2.7キロのドッグフードを作るのに2.3キロの新鮮な鶏肉が使われています」

と書かれているのですが、本当なの・・・・?と思ってしまいます。

もしくは、新鮮な鶏肉のどこの部位?

 

ちゃんとした鶏肉を使っているのであれば、

鶏肉にコストがかかりすぎて、その他のものがないがしろになっちゃったんでしょうか・・・

 

 

国内産のとうもろこし(穀物)メインの安価なドッグフードよりは

肉メインなだけマシなのかなぁという印象。

 

うーん、でもどっちもどっちというか、両方無理!

この副産物のオンパレードは、ちょっと手を出す気になりません。

 

 

極めつけは、下の方に書いてあるBHA

これは、ココで書きましたが、ブチルヒドロキシアニソールといって、発がん性のある酸化防止剤です。

ドッグフードに入っている危険な添加物は、ずばりコレだ!

ドッグフードに入っている危険な添加物を知っていますか? 『無添加ドッグフード』といえばなんとなく聞こえはよく、健康にも良さそうですが、無添加が必ずしも良いわけではありません。 というのも私たちが食べる ...

続きを見る

 

あと、ビタミン類がかなり「補強剤」となっているのですが、成分が書かれていないため不明です。

 

脂肪無添加ということが書かれていましたが、どういうことなのかと調べてみたところ、

”脂肪や香りを添加していない”ということのようです。

動物性油脂のようにオイルをふりかけていないということなのでしょう。

 

ビルジャックの価格であれば・・・

888f81067c83516fa9cca1685e960640_s

 

メーカー直営店のHPを見ると、1キロあたりだいたい2,000円弱でした。

価格はカナガン同じ位なのに、はっきりいって原材料が雲泥の差です。

 

もしもビルジャックがドラッグストアで売ってるレベルの価格帯であれば、

「やっぱりね」で済んだと思うのですが、

1キロ2,000円も払うのにこの原材料って・・・ということで、きびしめ目に斬りました。

 

だって1キロ2,000円って、カナガンより高いですよ?

カナガンの成分と見比べてみてください。

【レビュー】カナガンはトイプードルに適している! 成分とおすすめ度

「安心して食べさせられるドッグフードを与えたい」 そう思って様々なドッグフードを調べた結果、 私がうちのトイプードル、くーの為に選んだドッグフード。それが「カナガン」です。ドッグフードについて調査するうちに分かってきたカナガンの良さがあります。カナガンがトイプードルに適していると思う理由もあります。カナガンに変えてからの体調の変化や、かかりつけの動物病院の先生に聞いたこともまとめました。

続きを見る

ハッキリ言って、ビルジャックは、あえてその金額を出してまで買うドッグフードではありません。

HPと原材料を見た限り、価格の価値は無いと判断します。

私は今後も食べさせないでしょう。

 

今回のことをふまえて思うこと

サイトを作っていて常々思うのですが、

高いドッグフードが必ずしも良いフードだとは限らないということが分かります。

 

「しらない間に寿命を縮めていた」なんてことがないように

飼い主さん自身が正しい知識をつけていかないといけないなぁと改めて思いました。

 

「ビルジャック」管理人のおすすめ度☆*・゜

 

2.0 / 5点

 

この点数をつけた理由

プラス評価・・・野菜やフルーツが少しは入っている

マイナス評価・・原材料に不明のものが多すぎる・NG成分が使われている

※わたしはBHAに関しては特に厳しくみているので、この点数になりました。

 

*1袋あたりのコスト・・・1,987円/800g

※価格は販売店によって異なります

*1袋をたべきる期間・・・16日(1回25gを朝晩2回あげる計算)

*1日あたりのコスト・・・124円

 

*:.。*2019年国産グレインフリーのドッグフードランキング*。:*・'

↓     ↓     ↓     ↓     ↓

当サイトが、トイプードルにおすすめするドッグフード

  • 危険な添加物がはいっていない
  • ヒューマングレードの原材料を使っている
  • 主原料が肉か魚(動物性たんぱく質)になっている

 

この3の条件を満たしたドッグフードの中から、日本の室内で飼っているトイプードルを想定し、たんぱく質が25%〜30%程度、炭水化物が50%以下のドッグフードを選びました。

炭水化物は、当サイトにて計算した数値になります。

 

これらをベースにして、運動量が多い子は時々もう少したんぱく質が多いドッグフードを食べさせるなど、ドッグフードをローテーションしていくのがおすすめ!

 

 

モグワン

レオレア

ファインペッツ

たんぱく質

28%

25%

27%

脂質

12%

11%

16%

粗繊維

3%

1.3%

4.5%

灰分

8%

9%

8.2%

水分

8%

7%

8%

炭水化物*

41%

46.7%

36.3%

エネルギー
(100gあたり)

344kcal

371kcal

440kcal

グルコサミン
コンドロイチン

 

主原料

チキン&サーモン

牛肉

鹿肉、鶏肉

原産国

イギリス

日本

オランダ

コスト*

163円

 

74円

*炭水化物はドッグフードに表記されていないため、100%ー(たんぱく質、脂質、繊維、灰分、水分の合計)で当サイトにて計算しています

*コストは代表して3kgの成犬、全てのドッグフードを税込に合わせて計算しています

 

『モグワン』

11569

・野菜、くだものが豊富に入っています!

・グルコサミン・コンドロイチン配合

・オメガ3、オメガ6配合

・主原料がチキンとサーモンのミックス

 

たんぱく質が28%と多すぎないため、メインのドッグフードに適しています。

関節ケアをしてあげたいトイプードルには、グルコサミンとコンドロイチンが配合されているのはとても嬉しいです。

 

1日あたりの給餌量

1日あたりのコスト

1ヶ月あたりのコスト

3kg成犬

76g

163円

4,890円

4kg成犬

89g

190円

5,700円

5kg成犬

104g

222円

6,660円

コスト・・・1.8kg 3,960円(税抜)通常価格 、 3,564円(税抜)定期購入

*コストは定期購入で計算

 

『レオ&レア』

・国産ドッグフード

・主原料は牛肉

・マイカルテを作成し、愛犬に最適なオリジナルフードや1日の給与量を提案してもらえます。

 

現在インスタで話題沸騰中のドッグフードです。

レオ&レアは、入力したワンちゃんのデータをもとに、最適なレシピを選んでもらえます。

 

半オーダーメイドです。

レギュラーサイズは、なんと愛犬の写真入り!

クリスマスバージョンやサマーバージョン、バレンタインバージョンなど、これがとにかくかわいくて飼い主の心を掴まれます♡

 

国産ドッグフードで、全て人間が食べられるヒューマングレードにこだわっています。

 

「できるだけシンプルに、安心できる良質の食べ物を」というのがレオ&レアのコンセプト。

手間暇がかかっているためコストは若干高めですが、とても良いフードです!

 

1日あたりの給餌量

1日あたりのコスト

1ヶ月あたりのコスト

3.6kgシニア犬

56g

167円

5,010円

*コストは定期便レギュラーサイズ800g 2,205円を税込にして計算

*給餌量は、登録した愛犬の体重や年齢、運動量などによって最適な量を提案してもらえます

 

『ファインペッツ』

・主原料は鹿肉、鶏肉

・消化吸収率が87%ととても高い

・めちゃくちゃコスパが良い◎

 

アレルギー性の低い鹿肉、鶏肉を主原料に使用しています。

グレインフリーではありませんが、アレルギー性の高いとうもろこし・小麦は使用していません。

 

消化吸収率がとても高いため、少ない給餌量で1日分の栄養を賄うことができます

少食の子にとくにおすすめ!

大食いさんは、食べ過ぎると確実に太るため要注意。

 

グルコサミン、コンドロイチンが配合なのも嬉しいです。

給餌量が少ないため、プレミアムフードの中で抜群にコスパが良いです!

1.5kg入り3,142円(税抜)のところ、同じものがなんと1,000円でお試しができます!!

超お得なので、お試しだけでも買っておくとよいです。

(そのまま定期コースに移行するというシステムではないので、安心して買ってOK)

 

1日あたりの給餌量

1日あたりのコスト

1ヶ月あたりのコスト

3kg成犬

33g

74円

2,220円

4kg成犬

45g

101円

3,030円

5kg成犬

55g

124円

3,720円

 

-トイプードルの為のドッグフード口コミレビュー

Copyright© トイプードルの為のおすすめドッグフード選び【辛口注意! 】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.