ニュートロ(ナチュラルチョイス・シュプレモ・ワイルドレシピ)

【ワイルドレシピの口コミ】ニュートロ社のワイルドレシピを食べさせました

wildrecip-kuchikomi4

 

ニュートロから新しく出たワイルドレシピですが、

現在シュプレモ愛用者の飼い主さんが、シュプレモからの移行を考えているケースが多いように思います。

 

シュプレモとワイルドレシピの違いは以前にも書きましたが、大きく分けると

「フルーツやお野菜が入っているか、穀物を使っているか」の違いです。

 

シュプレモは、フルーツやお野菜が豊富なドッグフードですが、穀物が入っていて、

ワイルドレシピにはフルーツやお野菜は入っていないですが、穀物も入っていません。

【シュプレモとワイルドレシピ】違いは何? それぞれのレビューと、シュプレモおすすめ度

  ニュートロ社が製造している「シュプレモ」と「ワイルドレシピ」。 この2つのシリーズについては、ペットショップで見たときから気になっていました。   今回、サンプルと現品を取り寄 ...

続きを見る

【ニュートロ】新商品「ワイルドレシピ」の評価レビューとおすすめ度

ワイルドレシピって、既存商品と中身同じじゃない?   ニュートロから新しく出た「ワイルドレシピ」。 ワイルドレシピはグレインフリーのドッグフードで、気になっていたので、早速買ってくーに食べさ ...

続きを見る

 

あと、新商品のワイルドレシピは、ナチュラルチョイスの「スペシャルケア 糖の吸収の健康維持(低GI)穀物フリー」シリーズと成分が激似だということに気がついてしまいました。

ていうか成分みた限り「中身、同じなんじゃない?」と、私は疑っています・・(°д°;)

 

ニュートロ社「ワイルドレシピ」の口コミ評価する

ペットショップに行くと、ニュートロ社のシリーズ置き場にワイルドレシピも並ぶようになりました。

そのため、ワイルドレシピを気になっている飼い主さんは多いと思います。

このサイトにも、ワイルドレシピのことを調べてたどり着いた飼い主さんが、とても多く記事を見てくれています。

 

ワイルドレシピの食いつきは?

元々シュプレモなどのニュートロ社製品を食べていた子は、問題なく食べれている子が多いようです。

しかしうちのくーは、このワイルドレシピがニュートロ社製品の初めて食べるフードでした。

(その後シュプレモも食べさせました)

 

このワイルドレシピを知った時に、

「グレインフリーだから、カナガンの代替品にならないかな?」

「カナガンやモグワンが価格的に厳しい人に、良いかもしれない」と思って試したのですが、

うちのくーの場合は食いつきがイマイチで、1袋を食べきる前に、ドッグフードだけでは食べなくなってしまいました。

(上にトッピングをすれば、なんとか食べてくれます)

 

さらに、こちらの記事でレビュー記事を書いてますが、うんちの量が増えたのが気になりました。

【ニュートロ】新商品「ワイルドレシピ」の評価レビューとおすすめ度

ワイルドレシピって、既存商品と中身同じじゃない?   ニュートロから新しく出た「ワイルドレシピ」。 ワイルドレシピはグレインフリーのドッグフードで、気になっていたので、早速買ってくーに食べさ ...

続きを見る

 

うんちの量が増えたということは、今までのフードに比べて、消化吸収率が良くないという証拠です。

体にとって栄養の無いものは、うんちとして排出されます。

 

原因として考えられることは、

ワイルドレシピの中に入っている「ビートパルプ」です

 

ビートパルプというのは、サトウダイコンというものから主原料の砂糖を搾り取った後の、搾りカスです。

甘味料としての甘みは残りますが、栄養はありません。

ドッグフードには甘みを出すことと、カサ増し要因として使われていると言われています。

 

ただ「有害な成分か?」と言われるとそこまででは無いと考えています。

厳密にいうと、「サトウダイコンから砂糖を抽出するときの薬品が残っている」という意見もありますが、

それよりも「栄養がない上に、単なるカサ増し要因をフードに入れることは意味がない」という感じです。

 

うんちが固くなったのは、おそらくビートパルプが原因なんじゃないかな。

もしも軟便気味だったワンちゃんが、ワイルドレシピを食べてうんちが固くなったというのであれば、

それは「良くなった」のではなく、ビートパルプの影響を疑いましょう。

 

というのも、

サトウダイコンから砂糖を抽出するときの薬品が、便秘になりやすいと言われているからです。

あくまでも薬品の影響です。

根本解決にはなっていないということです。

 

うちのくーの場合は、便秘にまではなりませんでした。

ですがときどき明らかにすっごい硬い、石みたいなうんちをする時はありました。

理想のバナナうんちにはほど多く、かなり力んで出していました。

 

ドッグフードにはビートパルプが入っていない方が望ましい

ビートパルプは、すぐに体に害のあるような悪い成分ではないものの、

可能であれば、ビートパルプが入っていないドッグフードを選んだ方がよいのは、間違いないです。

 

ちなみにビートパルプは、ワイルドレシピだけではなく、

ニュートロ社の他の製品(シュプレモなど)や、価格的に安くない他のフードにも使われていることがあります。

なのでドッグフードを購入するときには、

原材料・成分の中にビートパルプが使われていないか確認することをおすすめします(`・ω・´)ゞ

 

当サイトが、トイプードルにおすすめするドッグフード

  • 危険な添加物がはいっていない
  • ヒューマングレードの原材料を使っている
  • 主原料が肉か魚(動物性たんぱく質)になっている

 

この3の条件を満たしたドッグフードの中から、日本の室内で飼っているトイプードルを想定し、たんぱく質が25%〜30%程度、炭水化物が50%以下のドッグフードを選びました。

炭水化物は、当サイトにて計算した数値になります。

 

これらをベースにして、運動量が多い子は時々もう少したんぱく質が多いドッグフードを食べさせるなど、ドッグフードをローテーションしていくのがおすすめ!

ナチュロル

9913

・国産でグレイン・グルテンフリーと言ったらコレ!

・主原料は、牛肉・鶏肉・馬肉・魚肉のミックス

・フードのにおいが少ない

国産でグレインフリー・グルテンフリーのドッグフードを探しているなら、まずナチュロルから試すといいです。

発売から2年が経ちましたが、今もなお人気のドッグフード。

 

高価なドッグフードですが、100円でお試しできるというのはかなりのメリット。

しかも30日間返金保証までついているので、食いつきが心配なワンちゃんにも嬉しいです。

 

低温フレッシュ製法で、酵素や乳酸菌が生きたままお腹に届くため、ウンチがゆるくなることがあります。

その時は、給与量を減らして少し様子をみて見ましょう。

うちの場合は、だんだんバナナウンチに変化して、いいウンチになりました!

ファインペッツ

・主原料は鹿肉、鶏肉

・消化吸収率が87%ととても高い

・めちゃくちゃコスパが良い◎

アレルギー性の低い鹿肉、鶏肉を主原料に使用しています。

グレインフリーではありませんが、アレルギー性の高いとうもろこし・小麦は使用していません。

 

消化吸収率がとても高いため、少ない給餌量で1日分の栄養を賄うことができます

少食の子にとくにおすすめ!

大食いさんは、食べ過ぎると確実に太るため要注意。

 

グルコサミン、コンドロイチンが配合なのも嬉しいです。

給餌量が少ないため、プレミアムフードの中で抜群にコスパが良いです!

1.5kg入り3,142円(税抜)のところ、同じものがなんと1,000円でお試しができます!!

超お得なので、お試しだけでも買っておくとよいです。

(そのまま定期コースに移行するというシステムではないので、安心して買ってOK)

 

1日あたりの給餌量

1日あたりのコスト

1ヶ月あたりのコスト

3kg成犬

33g

74円

2,220円

4kg成犬

45g

101円

3,030円

5kg成犬

55g

124円

3,720円

 

-ニュートロ(ナチュラルチョイス・シュプレモ・ワイルドレシピ)

Copyright© トイプードルの為のおすすめドッグフード選び【辛口注意! 】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.