トイプードルの為のドッグフード口コミレビュー

評判のよい『オリジン』ドッグフードを試してみました

更新日:

origen2

「オリジン」ドッグフードを試してみました。

オリジンは以前はカナダだったのですが、現在はアメリカ産に変更しています。

今回レビューするのは、リニューアル後の商品であるオリジン「オリジナル」。

これは、日本の気候に合うように、水分を特別に調整しているものなんだそうです。

 

オリジンの原材料

・新鮮鶏肉

・新鮮七面鳥肉

・新鮮イエローデイルカレイ

・新鮮全卵

・新鮮丸ごと大西洋サバ

・新鮮丸ごと大西洋ニシン

・ディハイドレート鶏肉

・ディハイドレート七面鳥肉

・ディハイドレート丸ごとサバ

・ディハイドレート丸ごと鶏レバー

・ディハイドレート七面鳥レバー

・丸ごとグリーンピース

・丸ごと白いんげん豆

・赤レンズ豆

・新鮮チキンネック

・新鮮鶏腎臓

・ピント豆

・ヒヨコ豆

・グリーンレンズ豆

・鶏肉脂肪

・天然鶏肉風味

・ニシン油

・粉砕鶏骨

・鶏軟骨

・七面鳥軟骨

・ドライケルプ

・フリーズドライ 鶏レバー

・フリーズドライ七面鳥レバー

・新鮮丸ごとカボチャ

・新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ

・新鮮ケール

・新鮮ホウレン草

・新鮮からし菜

・新鮮コラードグリーン

・新鮮カブラ菜

・新鮮丸ごとニンジン

・新鮮丸ごとリンゴ

・新鮮丸ごと梨

・カボチャの種

・ヒマワリの種

・亜鉛タンパク化合物

・ミックストコフェロール(天然酸化防止剤)

・チコリー根

・ターメリック

・サルサ根

・アルテア根

・ローズヒップ

・ジュニパーベリー

・乾燥ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物

・乾燥プロバイオティクス発酵生成物

・乾燥ラクトバチルスカゼイ発酵生成物

※オリジン オリジナル裏面より転記

・・悪いとまではいえないが、あまり好ましくないもの

・・好ましくないもの

 

ここ日本では、聞きなれない原材料がたくさん入っています。

これは原産地がアメリカだからでしょうか。

上から見ていきたいと思います。

「ディハイドレート」とは低温で空気乾燥させたもの。

つまり新鮮な鶏肉や七面鳥と乾燥させた鶏肉や七面鳥が使われているということです。

レンダリング処理された家禽ミールは含んでいません。

 

「ドライケルプフリーズドライ」のケルプは、海藻の一種だそうで、フリーズドライした海藻が入っているということです。

肉・魚・卵・・・85%

野菜・フルーツ・ハーブ・・・15%

穀物・ジャガイモ類・・・0%

この配合で作られています。

オリジンの特徴は、野菜やフルーツやハーブをふんだんに取り入れていて、サプリメントは亜鉛だけということです。

実はカナガンやモグワンに入っているビタミン・ミネラル類のサプリメントは、オリジンには入っていません。

(カナガンやモグワンは、野菜やフルーツも入っていますが、ビタミン・ミネラル類といったサプリメントも入っています。

ナチュロルはビタミンCが入っていますね。)

つまりオリジンは、ほぼ全ての栄養素を自然なものから摂取することができるということです。

サプリメントを入れずに食材だけですべての栄養素を賄おうというのは、やはりコストがかかることです。

そのため、やはりカナガンやモグワン、国産のナチュロルよりもさらに高額なんですね。

一方でオリジン「オリジナル」は、日本の気候に合うように水分が調整されているとはいえ、

アメリカが原産地でアメリカのワンちゃんのためのフードなので、日本では馴染みのない食材が入っているのは少し気になります。

 

オリジンドッグフードの成分

粗たんぱく質・・・38%

粗脂肪・・・18%

粗繊維・・・4%

水分・・・12%

カルシウム/リン・・・1.2%/0.9%

オメガ6脂肪酸・・・3.3%

オメガ3脂肪酸・・・0.8%

DHA/ EPA・・・0.2%/0.2%

グルコサミン・・・・700mg/kg

コンドロイチン硫酸・・・600mg/kg

カロリー・・・3940kcal/kg

※オリジン裏面より転記

オメガ6、オメガ3、コンドロイチンやグルコサミンもちゃんと入っています。

 

オリジンドッグフードの給与量

origen2

*引用:https://www.orijen.ca/ja/foods/dog-food/dry-dog-food/original/

オリジンの給与量についてですが、パッケージは給与量のところは英語表記のため大変分かりづらいです。

そこでオリジンのHPを見てみましたが、同じく英語表記でした。

私の英語力でなんとか解読してみます。

2kgでLESS ACTIVE(1日に1時間以下の運動)の子・・・28g/1日

2kgでACTIVE(1日に1時間以上の運動)の子・・・38g/1日

5kgでLESS ACTIVEの子・・・57g/ 1日

5kgでACTIVEの子・・・86g/1日

 

うちのくーはシニア犬ですし、1日に1時間以下の運動の”LESS ACTUVE”になります。

3kgなので、28~58の間、だいたい35gくらいでしょうか。

1回分にすると、17.5g、こんな量です。

*3kgの子の1回分です

めちゃくちゃ少ないですね!!

カロリーは他のドッグフードより高めなので、

給与量に注意してあげないとブクブクと太る可能性があるため注意が必要です。

 

オリジンドッグフードの粒の大きさ

origen3

粒の大きさは13ミリ×10ミリとやや大きめです。

日本ではチワワやトイプードルのような小型犬を飼っている飼い主さんが多いですが、アメリカでは日本ほど小型犬が多くないんでしょうか?

成犬トイプードルだったら食べられるサイズですが、子犬ちゃんには大きすぎです。

 

オリジンドッグフードの種類

リニューアル後のオリジンのラインナップは、

「PUPPY」「PUPPY LARGE」「ORIGINAL」「SIX FISH」「REGIONAL RED」「TUNDRA」「FIT & TRIM」「SENIOR」の8種類です。

以前は「ADULT(アダルト)」というのがあったので、Amazonで見るとまだ発売されていますが、

原産国がカナダになっているので、リニューアル前の商品ということで間違いないでしょう。

Amazonや楽天で買う場合には、リニューアル後の商品なのか確認してから買うように気をつけてください。

 

オリジンドッグフードの正規販売店が分かりづらい→オンラインショップOPEN

今回オリジンを試すにあたって色々調べてみました。

「オリジンは良いらしい」ということはよく聞くのですが、

実際にオリジンを買おうと思うと、どこから買えば確実に正規品を買えるのかが分かりづらいです。

オリジンのHPを見ても直接オンラインショップがあるわけではなく、またHPには販売店情報が載っていないんですよね・・

 

※2018年11月更新 オリジンのオンラインショップがOPENしました。

購入する時は、正規品を確実に買うために楽天などではなく、公式オンラインショップを利用しましょう!

 

しかも今なら全額返金キャンペーン中!

>>オンラインショップで『オリジン』正規品を詳しく見てみる

 

楽天やAmazonには、並行輸入品を販売している業者が混ざっていたり、

先ほどのようにリニューアル前の商品が売られていたりして、そちらを買ってしまうリスクもあります。

並行輸入品だと、日本の気候に合わせて作られたものではないので、品質の劣化が気になります。

 

なので、オリジンの正規品を買いたい場合は、オンラインショップかペットショップなどの実店舗がおすすめです。

今までは確実な正規品をネットで買えなかったので嬉しいですね

オリジンは原材料を見ると、とても良いドッグフードです。

1袋あたりのコストは高いですが、給与量が少ないためコスパは良かったのが意外でした。

少量でも満足出来る子で、ちょっと大きめの粒でも食べられるのであれば、試してみてもいいドッグフードです。

>>タップして『オリジン』を詳しく見てみる

 

 

「オリジン」管理人の評価とおすすめ度

4.8 / 5点

美味しいけど、ちょっと粒が大きかったよ・・・

 

この点数をつけた理由

プラス評価・・・ビタミン、ミネラル類までほとんど全てを食材から摂取できる

マイナス評価・・・確実に「国内正規品」を買う方法が分かりづらく日本ユーザーにとって不便

 

*1袋あたりのコスト・・・5,832円 / 2kg(参考価格:Amazon)

 

*1袋をたべきる期間・・・約57日(1回35gで計算)

※成犬3キロの場合 *1日の給与量は個体差があります。

 

** くーちゃんの食いつき・・・◎

** 1日あたりのコスト・・・102(参考価格:Amazon)

 

*:.。*2019年国産グレインフリーのドッグフードランキング*。:*・'

↓     ↓     ↓     ↓     ↓

当サイトが、トイプードルにおすすめするドッグフード

  • 危険な添加物がはいっていない
  • ヒューマングレードの原材料を使っている
  • 主原料が肉か魚(動物性たんぱく質)になっている

 

この3の条件を満たしたドッグフードの中から、日本の室内で飼っているトイプードルを想定し、たんぱく質が25%〜30%程度、炭水化物が50%以下のドッグフードを選びました。

炭水化物は、当サイトにて計算した数値になります。

 

これらをベースにして、運動量が多い子は時々もう少したんぱく質が多いドッグフードを食べさせるなど、ドッグフードをローテーションしていくのがおすすめ!

 

 

モグワン

レオレア

ファインペッツ

たんぱく質

28%

25%

27%

脂質

12%

11%

16%

粗繊維

3%

1.3%

4.5%

灰分

8%

9%

8.2%

水分

8%

7%

8%

炭水化物*

41%

46.7%

36.3%

エネルギー
(100gあたり)

344kcal

371kcal

440kcal

グルコサミン
コンドロイチン

 

主原料

チキン&サーモン

牛肉

鹿肉、鶏肉

原産国

イギリス

日本

オランダ

コスト*

163円

 

74円

*炭水化物はドッグフードに表記されていないため、100%ー(たんぱく質、脂質、繊維、灰分、水分の合計)で当サイトにて計算しています

*コストは代表して3kgの成犬、全てのドッグフードを税込に合わせて計算しています

 

『モグワン』

11569

・野菜、くだものが豊富に入っています!

・グルコサミン・コンドロイチン配合

・オメガ3、オメガ6配合

・主原料がチキンとサーモンのミックス

 

たんぱく質が28%と多すぎないため、メインのドッグフードに適しています。

関節ケアをしてあげたいトイプードルには、グルコサミンとコンドロイチンが配合されているのはとても嬉しいです。

 

1日あたりの給餌量

1日あたりのコスト

1ヶ月あたりのコスト

3kg成犬

76g

163円

4,890円

4kg成犬

89g

190円

5,700円

5kg成犬

104g

222円

6,660円

コスト・・・1.8kg 3,960円(税抜)通常価格 、 3,564円(税抜)定期購入

*コストは定期購入で計算

 

『レオ&レア』

・国産ドッグフード

・主原料は牛肉

・マイカルテを作成し、愛犬に最適なオリジナルフードや1日の給与量を提案してもらえます。

 

現在インスタで話題沸騰中のドッグフードです。

レオ&レアは、入力したワンちゃんのデータをもとに、最適なレシピを選んでもらえます。

 

半オーダーメイドです。

レギュラーサイズは、なんと愛犬の写真入り!

クリスマスバージョンやサマーバージョン、バレンタインバージョンなど、これがとにかくかわいくて飼い主の心を掴まれます♡

 

国産ドッグフードで、全て人間が食べられるヒューマングレードにこだわっています。

 

「できるだけシンプルに、安心できる良質の食べ物を」というのがレオ&レアのコンセプト。

手間暇がかかっているためコストは若干高めですが、とても良いフードです!

 

1日あたりの給餌量

1日あたりのコスト

1ヶ月あたりのコスト

3.6kgシニア犬

56g

167円

5,010円

*コストは定期便レギュラーサイズ800g 2,205円を税込にして計算

*給餌量は、登録した愛犬の体重や年齢、運動量などによって最適な量を提案してもらえます

 

『ファインペッツ』

・主原料は鹿肉、鶏肉

・消化吸収率が87%ととても高い

・めちゃくちゃコスパが良い◎

 

アレルギー性の低い鹿肉、鶏肉を主原料に使用しています。

グレインフリーではありませんが、アレルギー性の高いとうもろこし・小麦は使用していません。

 

消化吸収率がとても高いため、少ない給餌量で1日分の栄養を賄うことができます

少食の子にとくにおすすめ!

大食いさんは、食べ過ぎると確実に太るため要注意。

 

グルコサミン、コンドロイチンが配合なのも嬉しいです。

給餌量が少ないため、プレミアムフードの中で抜群にコスパが良いです!

1.5kg入り3,142円(税抜)のところ、同じものがなんと1,000円でお試しができます!!

超お得なので、お試しだけでも買っておくとよいです。

(そのまま定期コースに移行するというシステムではないので、安心して買ってOK)

 

1日あたりの給餌量

1日あたりのコスト

1ヶ月あたりのコスト

3kg成犬

33g

74円

2,220円

4kg成犬

45g

101円

3,030円

5kg成犬

55g

124円

3,720円

 

-トイプードルの為のドッグフード口コミレビュー

Copyright© トイプードルの為のおすすめドッグフード選び【辛口注意! 】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.